2010年04月26日

ギョーザ事件、21・22日に日中情報交換(読売新聞)

 千葉、兵庫両県の3家族10人が被害に遭った中国製冷凍ギョーザ中毒事件で、警察庁は19日、中国公安省幹部との情報交換会議を21日と22日に、東京・霞が関の同庁で行うと発表した。

 中国側が3月26日に製造元の「天洋食品」(中国河北省)で工場の食堂の管理人をしていた元臨時従業員・呂月庭容疑者(35)の逮捕を明らかにして以来、日中両国の捜査幹部が直接、情報交換するのは初めて。

 中国側で会議に出席するのは中国公安省の王桂強・物証鑑定センター副主任や刑事偵査局の幹部ら9人。日本側は警察庁の金高雅仁刑事局長のほか、千葉、兵庫両県警の捜査担当者ら10人が対応する。

 会議で日本側は、呂容疑者の逮捕に至った経緯や容疑事実、証拠関係などについて確認を求める方針。中国側は、日本での被害状況などについて情報提供を要請するとみられる。

首相「約束を守るべく努力」 普天間問題で小川氏と意見交換し(産経新聞)
「メール下さい」のノエビア元副社長、初公判(読売新聞)
無登録で未公開株販売 経営コンサル会社元社長ら逮捕 17億円売り上げ(産経新聞)
【JR福知山線脱線事故】「鉄道マンとしてのプライドを」 妻を亡くした男性がJR社員を前に講演(産経新聞)
米兵放火の賠償金8年未払い、防衛省作業遅れ(読売新聞)
posted by ウラ ナオキ at 21:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月12日

<新党>参加者広がらず苦悩の船出 「たちあがれ日本」結成(毎日新聞)

 平沼赳夫元経済産業相(70)、与謝野馨元財務相(71)ら国会議員5人は10日、新党「たちあがれ日本」の結成を発表し、代表に平沼氏、共同代表に与謝野氏が就任した。「打倒民主党」「日本復活」「政界再編」を結党趣旨に掲げ、夏の参院選で与党過半数割れを目指す。だが、保守再生を掲げる平沼氏と、リベラル色の強い与謝野氏が組んだ矛盾ゆえに、参加者は広がらず苦悩の船出となった。

 平沼氏は記者会見で「民主党政権は絶対に容認できない。自民党も野党として力がない。民主党政権を打破するため、保守の力を結集したい」と訴えた。他のメンバーは園田博之前自民党幹事長代理(68)、参院議員の藤井孝男元運輸相(67)、中川義雄元副内閣相(72)。平均年齢は69.6歳。支援者の石原慎太郎東京都知事(77)は発起人になった。

 平沼氏は今年に入り、石原氏と新党結成に向けた動きを本格化。昨年の衆院選で落選した中山成彬元国土交通相や、歴史認識問題で更迭された田母神俊雄元航空幕僚長に参院選への立候補を打診。自民党の鴻池祥肇元官房副長官も「保守政党をつくりたい」と参加する意向を示した。

 一方、与謝野氏と園田氏は低迷する野党・自民党にいらだちを強めており、2月17日の党首討論での谷垣禎一総裁の弱腰ぶりを見て、執行部批判にかじを切った。

 今回の新党劇をさかのぼると、自民党衆院議員だった石原氏が89年11月に設立した派閥横断的な政策集団「黎明の会」に行き着く。平沼、園田、鴻池3氏はいずれもそのメンバーだった。

 2月26日、東京・広尾のレストランに平沼、藤井、鴻池、与謝野、園田の5氏と鳩山邦夫元総務相が顔をそろえた。園田氏の意を受けた平沼氏の呼びかけだった。新党結成への腹合わせになるはずだったが、与謝野氏とそりが合わない鴻池氏が中座。同氏は後日、平沼氏に「あなた一人で立ち上げるべきだ」と促し、新党構想と距離を置くようになった。

 平沼氏が国会で会派を組む無所属の小泉龍司、城内実両衆院議員も、地元後援会との調整を理由に参加を見送った。新党関係者は「与謝野氏がいなければ、2人は来ていたはずだ」と断言する。

 みかねた石原氏は一時、新党への参加も検討した。築地市場移転問題で、都議会民主党は都の10年度予算案から移転用地購入費を削除する修正案を提出する構えを見せる中、石原氏は3月17日、東京都内の与謝野氏の個人事務所を訪ねた。関係者は「修正案が可決されたら知事は辞職し、参院に転出する決意だった」と明かす。結局、民主党が修正案を見送り、都予算は3月末に成立したため、「平沼・石原新党」はまぼろしに終わった。

 一方、与謝野氏や園田氏が期待した自民党の中堅・若手議員も動かなかった。後藤田正純元内閣府政務官は「与謝野さんや園田さんは自民党に貸しはあっても借りはない。私は借りばかり。ベテランと同じようには動けない」と語る。

 与謝野氏と園田氏は6日、衆院本会議開会中に議員食堂で自民党の丸山和也参院議員に新党参加を打診したが同氏は拒否。与謝野氏周辺は「丸山氏は自分がリベラルだと思っている」と語り、平沼氏が壁になったとの見方を示した。結局、5人目は、参院選で自民党の公認を得られず、引退とみられていた中川氏だった。【中田卓二、野原大輔】

◇「たちあがれ日本」の結党メンバー◇

(代表)平沼赳夫元経済産業相(70)=衆院岡山3区(10)

(共同代表)与謝野馨元財務相(71)=衆院比例東京(10)

園田博之前自民党幹事長代理(68)=衆院熊本4区(8)

藤井孝男元運輸相(67)=参院岐阜選挙区(4)、衆(4)

中川義雄元副内閣相(72)=参院北海道選挙区(2)

※名前後ろのカッコ数字は年齢、選挙区名の後ろの数字は当選回数

【関連ニュース】
与謝野氏:新党結成へ、来週にも離党 平沼氏と会談
自民党:鳩山邦夫氏が新党結成に意欲
社説:与謝野氏離党届 早く新党の理念見せよ
与謝野元財務相:新党結成へ 平沼氏と会談、来週にも離党
与謝野元財務相:新党結成の動き本格化 自民分裂に現実味

電池入れ「バクだん」と書いた封筒、大阪市営地下鉄内で発見(産経新聞)
<森林面積>消失率初めて減少 中国、インドで大規模植林(毎日新聞)
放鳥トキの卵確認=自然界で産卵初めて−環境省(時事通信)
「パーマゆるい」と因縁、料金の倍額脅し取る(読売新聞)
環状線線路に靴 2万人影響 (産経新聞)
posted by ウラ ナオキ at 16:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月07日

ベランダに乳児遺体、兄が発見 母「別の男性との子」埋める(産経新聞)

 30日午後4時半ごろ、大阪市西淀川区佃のマンションのベランダで、生後間もない乳児の遺体がプランターに埋められているのを、この部屋に住む男子中学生(13)が見つけ、西淀川署に通報した。同署は31日、遺体を埋めたとして死体遺棄容疑で、中学生の母親(37)を逮捕した。

 逮捕容疑は1月中旬、自宅トイレで出産したばかりの乳児をプランターに遺棄したとしている。

 西淀川署によると、遺体は体を折り曲げた状態で、プランターの土の中に埋められていた。へその緒がついていたが、腐敗が進んでおり、性別は不明。この部屋には母親と、離婚した元夫(44)、息子の中学生の3人が同居。留守番をしていた中学生がベランダの掃除をしていたところ、プランターから乳児の頭が出ているのを見つけた。

 母親は「泣き声がしなかったので、死産だと思った。元夫の子ではないかもしれないと思い、隠すために埋めた」と話しているという。

【関連記事】
リュックの遺体は乳児! 東京・三鷹
「おれじゃない」叫ぶ“普通の父” 妻・義母・乳児殺害
冷凍2乳児遺棄 愛知県警が情報提供呼び掛け
スーパーで冷凍状態の乳児2遺体見つかる 愛知
乳児2遺体のバッグ、橋から投げ捨てた可能性も

茨城県ひたちなか市で震度4の地震(読売新聞)
GW長い休み取りやすい、海外旅行4・3%増(読売新聞)
鳩山邦夫氏の新党参加で与謝野、平沼両氏の間に温度差(スポーツ報知)
<育児休暇>新人に「とってみて」…首長で初取得の文京区長(毎日新聞)
車炎上、子供4人死亡=実家前に停車中−北海道(時事通信)
posted by ウラ ナオキ at 16:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。